日常での気付きやクスッと笑えるエピソードを振り返り、
五・七・五≠フリズムで気軽に詠んでみましょう
大賞は賞金2万円! 第7回「リビング奥さま川柳」を募集します
マ・シェリ、仙台リビング新聞社、福島リビング新聞社

 早いもので今年も残すところ少し。総括するには少し早いですが、ここで日常での気付きやクスッと笑えるハプニングなどを思い返してみませんか? マ・シェリの年末恒例企画「リビング奥さま川柳」の募集をスタートします!
 今年で第7回を迎えるこの企画は、「マ・シェリ」のほか、「リビング仙台」「リビング福島・郡山」の3エリアによる共同企画として実施。各エリアの県民性やご当地ルールが垣間見える "ご当地部門"を含む左記5部門で、作品を募集します。
 川柳で大切なのは五・七・五のリズムで、上五(かみご)が字余りになっても、中七(なかしち)・下五(しもご)を守ることがポイント。難しい言葉や季語は不要で、言葉遊びより自分の思いを詠むとよいそうです。コツを踏まえてよいネタが浮かんだら、気軽に一句詠んでみてくださいね。
 大賞作品には2万円分の商品券をプレゼント。各部門賞やエリア賞受賞者にも商品券や各エリア編集長のおすすめグルメなどを進呈予定。締め切りは11月18日(月)正午。

第7回「リビング奥さま川柳」 

イメージ●川柳募集部門/
(A)家族部門(子どもや夫とのエピソードをネタに)
(B)ビューティー・健康部門(年を重ねるごとに高まる美にかける情熱、こぼれ話はネタの宝庫)
(C)奥さまなんでも部門(AB以外で料理、お金、お付き合いなどなど、ミセスの日常にまつわることをテーマに)
(D)2018年部門(芸能・社会ネタ、1年の振り返りなど、世の中のことならなんでもOK)
(E)ご当地部門(お住まいのエリアの自慢やグルメ、地元らしさを川柳に。方言などを織り交ぜてもOK)
●応募方法/郵送、FAX、メールのいずれかで応募を。川柳は1人何句でも、複数部門への応募もOK。FAXで2枚以上になる場合は、1枚ごとに上記必要事項を記入してください
※応募は「マ・シェリ」「リビング仙台」「リビング福島・郡山」配布エリア在住の女性限定
●記入項目/(1)応募する部門名と川柳 (2)氏名 (3)年齢 (4)住所(〒) (5)連絡先電話番号を明記
●問い合わせ/マ・シェリ 電話 019(629)2233
●宛て先/
郵送:〒020‐0022 盛岡市大通1‐11‐13 2階 マ・シェリ「リビング奥さま川柳」係
FAX:019(629)2288
メール:otayori@macherie.co.jp

●応募締切/2019年11月18日(月)正午
※受賞作品発表は、「マ・シェリ」12月13日号、「リビング仙台」12月13日号、「リビング福島・郡山」12月13日号を予定。受賞者には紙面掲載前にいずれかの編集部から連絡します。応募作品の著作権(著作権法第27条、第28条の権利を含む)はマ・シェリ、リビング仙台、リビング福島・郡山に帰属し、著作権・人格権を行使しないことを前提とします
※応募者の個人情報は賞品の発送および受賞者への連絡のため、マ・シェリ、仙台リビング新聞社、福島リビング新聞社で共有します ※応募は未発表の作品に限ります